先祖の業(因縁)とご縁

先祖の供養は大切です
うやむやしく毎日、お経あげたりという
ちょっと重い宗教的イメージがあるかと思いますが

それはそれで大切な事です。
元来、日本人は宗教の国です。とは言っても外国みたいな感じではありません。
生活のすべてに先祖や神を持って日常を過ごしていた訳ですので
言葉の表現で言うならば宗教国となり、その神民を代表するのが天皇です
私達、神民の先祖を永遠にたどると神にいきつき
また上にあがるとイザナギ・イザナミになります。これを神民の荒魂と言います。
先祖はまず、両親からはじまります
肉体および現実界での生活の縁をもらいますが心は別です

先祖の業(因縁)とご縁

その心は永遠と変りません。肉体(血の繋がり)も変りません
しかし、家系の業を昇華すると違う家系で始まります。
これを末代運と言います。
昔は末代運の子が生まれると家系因縁を解く為に神仏への道に行かせたのです

家系に関する運も色々あり、初代運、二代~三代運
あの有名な○○家具の女性社長さんは「初代運」なのです。これは宿命なんです。
また、たくさんの宿命の業を持っていらっしゃいます。
自己の業・親の業・家系の業
業の内容も様々でこれから代表的な部分と、どの先祖からきているか
6~12代前まで観ることができます。

そのポイントは33333・・・です

これらがいつ発動するかというと年・月・日とバラバラですが
女性社長の場合はある業を年・月・日を全部持っていらっしゃいました
あの時、自ら社を去ってお父さんとは逆に自分が違う会社を立ち上げていればと
思うのですが、そこでもトラブルの連続かと思いますが今よりマシじゅあないかと・・・

家系が昇華するまで同じ家系に転生する

人間、生まれたら新しい命ですよね・・・
でも新しいですが前の時代の自分です。
あの釈迦でさえ、何万年と転生したのですね
そして心までも昇華できたので解脱して極楽に行ったわけです
知的生命体がいる光の世界です。
ですから同じ人口数が増えたり減ったりしている訳なんです。

何万、何千年と人類が生まれて最初を1とすると2,3,4と数が増えます。
人口が増えていき、現在の人口数となります。しかし人が多すぎると

例えば家庭の中に狭い家の中に家族何十人と暮らしたら、域がつまります。
自分が住んでる地域も国も世界的にも人が多すぎれば忙しくなります。

植物においても同じなんです。間引きしますよね
古代の日本人はこれを知っていたのです。だから自然にも敬意を示して神としたのです。
外国は神の恵み、守護給うなら善をしなさいですが
日本は善をすることは当たり前ですでに生まれてきます。

古い祝詞で「外国:そとくにの教えに惑わされるな」という文面もあります。

さて、皆さんどんな家系の因縁があるのか興味あると思います。
そして自分は誰の生まれ変わりなのか?

家系因縁はおよそ10と別1

これを知れば恐ろしくなります。いかに祖先がすべてに神を持ってきたかが理解できます。
また先祖供養を大事にしてきたかがわかります。

相克異の業:自分の家系に入った嫁、婿を倒す。
(自分がこれを持っていれば嫌な姑問題、何もなくてもマイナスを呼ぶ)
過去に自分が異性に対し何らかの問題が残っている

子供の業:子と縁が薄い(過去世で子供と何かある)

・人行の業:独身を通すと財運が上がり結婚すると運気が下がる業
男性は結婚に失敗しやすく結婚を繰り返すと財運が上がる
女性は夫との離別により財運が上がるが再婚すると下がる

身体の業:身体を傷つけられることにより活力が出て運気が上がるようになる
(体だけでなく心も同じです)

大黒柱の業:家庭、会社の代表の運を喰う。
(一般普通家系であれば問題なし、会社代表に近い存在であれば△)

自由不可の業:行動、精神面の制限、もし家に篭るなら神の命令

孤独の業:名前とは違って人に人気があって自分の時間がない
人に尽くして尽くしたあげく虚しさだけが残る(愛への執着の業)

対人の業:大事な時に限って人から裏切られる。しかしくり返す毎に運が上がる

男女の業:婚姻の問題、何ども結婚するが晩年で消える

婚姻の業:婚姻に何らかの業

あと、様々な宿命があります。
これらも自分・家系・親からきています

またプラス1というのは怨恨の業です。所謂、祟り

でも何で自分・家系・親の業(因縁)があるのか?

自分の場合は三代前から受ける、親も同じ。家系も3333・・・ヒフミといいます。

あと縁なんですが・・・

女性は母方に男性は父方に深い縁があり、祖父祖母どちらかまた両方にあります
また家系運薄いという家系もあり母に薄い、父に薄いともあります。

しかし自分の方はないけど父母からすると濃い縁はあります。
それは男女陰陽から生まれてきてるからです。意味わかりますよね。

直接の守護霊は祖父祖母もしくはその上の祖父祖母になります。
夫婦として結婚してる場合はあなたの両親どちらかと義理の両親どちらかが
祖父祖母のその上の祖父祖母と親子関係か兄弟姉妹関係となります。

また今のあなたは6代前の祖父祖母かもしれません
これは干支というDNAから判明します。

現在のあなたは祖父祖母もしくはその上の祖父祖母から影響もしくは
ご先祖様自身かもしれません。