誰にでも出来る自動リーディング

自分でもできるリーディングの方法です
難しい作法やイメージや霊力など必要ありません
それも他人からしてもらうのじゃなくて
自分で確認出来るから一番、信頼おける、それも低額で出来る方法です。
心の気持ちさえも変ります・・・

それも意識にかかわらず自動で自分の波動調整ができます。

Roukokushi
・不調だった心身が良くなった
・疲れやすい体質が改善に向かう事ができる体になった
・病気が治った
・幸運が訪れた、また得やすい・・・など

古来、日本人は何か頑張る時、戦乱時・運動会・徹夜勉強・お祭り
などで、ハチマキしてました

そしてお守り代わりに皆さん、ネックレス、ブレスなどしてると思います・・・
これには鉢巻ふくめ、気合・安心・やるぞ・守られているという意識が働きます。

それは多少、宝石とか金・銀の力もありますが
そこには持つ・見る・触る・押さえる・巻く・結ぶ・締める・留める

神仙相学(神代文字仙術)では、どれもが動詞で母音で「ぅ~」なんです。

「う」の意味は神代五十音では「う:活気、活動的、動きある象」

動くぅ・変えるぅ・祓うぅになり、それらの動詞そのものが力なのです。

神代文字も文字そのものが力と同じ事で意味を知り行為そのものが力になる訳です

ですから金属でもいいし、紐でもいいのです

今回、神様の注連縄からいただいて作ったものですが、麻は神事にも
使われる通り、ただ使用したものです

ですから動詞そのものが力ですから、ホームセンターに売っている
荷造り用の紐でもいいし、クラフト麻紐でも綿の紐でも同じ効力なんです・・・

時々、作ってお世話になってる人(私を良く知ってる人)に何かお返しする時などに
添えてお渡ししています。

・使い方としては基本、1日限りです。
(両サイドをそれぞれ、ほどけないよう結んでください)
でも本麻紐で1日で廃棄したらもったいないから最初からボロくなるまで使用させて下さいと
言霊を入れてますから、まぁ長く使えると思います。

クラフト麻は安価で束で売ってますから使い捨てが良いでしょう。

基本鑑定、本鑑定お受けになられた方はお分かりになるかと思いますが
手芸屋さんに行くと、いろんな色のクラフト麻紐が売ってますから
自分の守護神の色の紐を「持つ・巻く・結ぶ」この順序ですると
感受性良い方は心に温かいものを感じるかもしれません。

具体的にどう使うか?

Roukokushi
・左手首、左足首
霊気の入り口になります。結婚したら左薬指に互いのリングをする通り「愛」を
結ぶ行為で、また愛が逃げていかないという行為と同じなんですね。
足首にするのは人間大地からも霊気を受けますからね。

・これすると疲れません(または軽減します)
何でかというと霊体の段階で受けてた邪気を溶かしてくれます
まぁ祓うという感じで思った方が早い(実際はそうではない)

肉体面では+-の極が通電し循環機能が働くと思ってください

※現在、疲れ体質の奥さんにあげたら喜んでいました♪
湿布で取れなかった肩の訳わからん痛みが0ではないけど
ないわぁ~・・・・って!

試してみる一見の価値はあります。
日本の言霊、行動はすでに神なのです。

※麻紐がほどけてきたら、軽く木工用ボンドを手に取りなめしてあげてください
まとまって少し硬くなります。
あくまでも日本の動詞が力なのですから形にこだわってはいけません。