正月に奏上する祝詞

1年に1度しか奏上しない
正月祝詞を神社、神棚に奏上してみませんか
良い年になると思います。

ブログファン限定の皆様にお贈り致します。

現代字でかきますね♪

2021辛丑

令和三年とあらたまれる 年の始の朝日の 豊さか登りに

かけまくも かしこき (何々大神:ご祭神)神棚の場合は(○○家の神様)

大前(おほまえ)を謹み敬い 常にも仕え奉る 神官(かむつかさ)自分の名前

ゆまはり きよまはり これの みあらかを いつのいわさかと

祓ひ 清め いやしろの みてぐらの 奉る

ゆきの 大御酒(おおみき)を ことぐし えぐしの えらにらに

うずの 大御酒御膳(おおみきけ)を たかつきの いやたかだかに

汁にも 米(よね)にも 赤丹(あかに)のほに きこしめして

すめらみことの おおみよは つきたつる かどまつの

かきはに ときはに かはることなく いみたけの 千代に

八千代に 立ち栄えべく いわひ 奉り 仕え奉る 神官(自分の名)

しきませる 氏子の うから やからは ささげまつる

餅ひの 鏡心(かがみこころ)たらひに 吉事(よごと)を

重ね締め給ひ 若水の いやわかえに ひくしめの

年のおながくしめ つかへまつるたまへと 畏み 畏みも

たたえごとたえ 奉らくと まをす

元旦~三日有効です。

初詣は私は行きません・・・家に神様いますから・・
それでもお世話になってる近所の神さんのところに10日過ぎに行きます。

毎年、今年こそは初日の出をと思ってるのですが

いつも寝ており30年なります。

それでは。