2月3日に新時代の幕開けに体質改善も

天地の揺らぎが朝方、九州から上方に向かっています。
こういう時は突風や事故事件などが多く人の心にまで

影響を及ぼしますから派手なアクションは避け
落ち着いた行動に穏やかな気持ちが禍を回避します。

特に明日は大晦日の日で3年続いた異常干支が
通常に切り替りますので新しい事をしたり考えたり
する事は控えて天が変わるまで謙虚な姿勢で日を過ごす事を
おススメします。

日付が変わり2日の1:00に陽の気が始まりますので
満陽になった朝7:00に太陽が出ても出ていなくても
東に手を(心)を合わせスタートと今年1年の
皆々の安泰を思うだけで国も人々も
辛の年を乗り切るでしょう

丑ですから
じわり、じわり来ますから下っ腹に気合入れて

進んでいく事が大切です。
祈りや拝みのカタチまでいらないけど思いが大切です。

今日は朝から気圧の谷が襲ってきましたので
いつもの気功は中止しました。

家の中でもできるのですが
腰も若干、痛くて・・・

背筋を伸ばすと痛みはなくなります

これは良い意味での好転反応です
いかに体に悪い姿勢をしていたかです。

体は正常な姿勢にこれから入っていくぞという
意思表示です。

だから無理しないようにしました。
YouTubeでも基本形を動画に出してますが
皆さんもね。

動画やFBでも発信していますが日頃の積み重ねです。

これからのメニューです
・開合法小功法

・開合法中功法
・収功法(自分にとって良い気だけ取り込む)

開合法の小、中で
(自分の体調に合わせながら自律神経のバランスをとる)

(自身の磁気を発生し活動化させる)
(ハイヤーセルフと繋がる)
・上丹田じょうたんでん(アナーハタ・チャクラ)潜在能力を高める
・中丹田ちゅうたんでん(マニプーラ・チャクラ)免疫能力を高める
・下丹田げたんでん  (スワーディシュターナ・チャクラ)健康維持

小、中功法に入ると最後には必ず「収功法」しないといけません。
天地の気には自身にとってマイナスになるものや不要なものが
存在していますので収功法は、良い気だけ体に取り込む功法なのです。

例えば

記事TOPの画像は北東の位置に気を持って来てる和紙ですが
東に光・スタートである界を置いています。

次に流れるのが火の神、上に土の神を置いて
これは木生火→火生土の順で物事が生まれる関係です。

私、「金」と「水」はたくさん持ってるので
これ以上、心身内部に入ると逆効果になってしまいます。

鑑定でその人の五行循環バランスを観る時
足りてるもの、取り込みしたら良いものが
わかるという事と同じことなのです。

算相学(本質・宿命運勢上昇鑑定)

2021年1月5日

まず、小、中功法を終了のちの予定です。

・小周天
(神秘への覚醒、大周天の基礎)
小周天は体内のチャクラを開花させ
エネルギー通路を作り上げます。


・大周天
(顕在、潜在能力が格段に進化する)
大周天は天・地・人の外気を
取り込みチャクラを始動させる。
チャクラ開花は車で言うと
エンジン始動
活動は発進、走行
※気づきの速度と内容が
違ってきます。
自然の教えが理であり速く
それを感受する精神が形成されます。


大宇宙法だいうちゅうほう
(宇宙、守護神、守護霊と一体になる功法)

孝次朗Kojiro
次回からもっと詳しくYouTubeやフェイスブックに
動画をアップしていきたと思います。
いいね! フォローしていただくと嬉しいです。