大雨どうしようか悩んだ、おっさんの選択

まだまだ災害は安心できない状態です
おっさんも、不自由な暮らしされてる方や家族をなくした方を
思うとさすがに心痛みます。

じつは、おっさんもヤバかった・・・
スポンサードリンク


 

 

自分の記録として時系列でおっさんの動きを書いてみます。

何故かおっさんは落ち着かない・・・

それは5日木曜日・・・雨はしつこく降る。でも大丈夫やろー
3年前より用水路の水かさは全然、容量あるし
ただ土色に少しづつ変ってきているしなー・・・

おっさんライダー
山嵐(土砂崩れ)がきたらいかんから祈晴祝詞を唱えよう・・・

5日:午後14:00

それが不思議に雨も弱くなり、大丈夫かな?と思った・・・
山がすぐそこなので雨の状態は肌でわかります。
でも。もしものことがあったらなー
ハイエースの車内を空にしとくかなー?・・・

いやいや、祝詞奏上したから神様おいて自分だけ逃げるのも好かん!大丈夫・大丈夫
そんな自分に言い聞かせた

翌日6日:11:00

ちょっと家上の川見に行ってみよう・・・どれ位の水量が山から落ちてるか・・・

かなり、来てるけどこれ位は普通だからな・・・ただ茶色の水が増してるのが気になる
非難準備するかなー・・・いやいや自分だけ逃げたと神様から思われたら好かん!

そんな時、近所の人が家に野菜持ってきてくれた

林さんどう、雨大丈夫?
3年前の大雨で用水路がすごい水かさだったて言ってたでしょう?
どれ位だったの

6日:午後17:00

ええ・・下の水面はこれよりまだ1m位上だったから大丈夫ですよ・・・
その時は、移住してまだ1年だから、ふ~んという感じしかなかったけど
今、考えたら怖いですね・・・絶対非難しますよ。

そんな会話でした。

ただ、祝詞も奏上したし避難することは考えてなかった

しかし!状況は突然、変った!

なんだかんだで疲れて寝てしまったら・・・・

ビックリする奥さん
ちょっとちょっと家の庭が大変よー!

おおーこんなのはじめてやない?二人で話す・・・・6日;午後18:00

土間に雨が侵入まで、あと1mm。

ビックリする奥さん
私、気になって側溝みたのよ・・・

あふれ出すのは今まであったけど、勢いが違うなー・・・

いや、大丈夫。鷹取山があるから雨雲はこの山を避けていくから。

そんな時、村にマイク放送が流れた・・・

「管内ため池の崩壊の恐れがあります。避難してください!」

マジか・・・・いちをハイエース空にしよう!
(それでも、避難は考えてなかった)

どうせ、あそこのため池やろ。ここから離れてるし水の流れは違うし。

そこに近所の奥さんが来た
「林さん知ってる?ため池は、すぐ裏の池のことやけど多分、知らないと思って・・・」

裏のため池の存在は知っていたけど・・・まさか!ここだなんて。

いちお、ハイエースを空にして避難準備道具を積んだ

避難準備積んだもの
・敷き布団・夏用掛布団
・カセットコンロ(ガスボンベ)米(2日分)
・水筒2つ(どくだみ茶・コーヒー)、水ポリ缶
・非常用クッキー、PCタブレット
・着替え2日分、犬のえさ

いつ避難してもいいように準備!あとはエンジンかけるだけ。車を庭の前に出す。

ちょっと用水路見てくるね、水の音が半端じゃない

6日:午後19:00

すごい!水の量は大丈夫やけど激流になってる・・・

どうするか2人で話していた。夕飯食べる気がしない

6日:20:00・・・

6日の1日を思いだしていたらメッセージと思われる事項を発見した!

メッセージらしきもの・・・
・近所の人が雨の量を尋ねにおっさんの所にきた
・その会話中、沢蟹がおっさんの足元にきて動かない(普通、かには逃げる)
・5日から気持ちが落ち着かないってこと
・夕方、近所の奥さんが、決壊恐れのため池の場所を知らせにきた
・水は激流・・・力がある

これはメッセージだ!  にぶい!
いちお、用心して離れろと山神さんからのメッセージだ。

即、避難だ!

その前に、簡単弁当作ろう!

ビックリする奥さん
なんでこんな時に弁当?
おっさんライダー
夕飯食べてないし、こんな時はコンビニもない!

6日:午後21:00・・・

時間、短縮で、おにぎりは、おっさんが作った!

弁当できたので即、一時、何時間かここ離れよう・・・

向かう先は道の駅うきは(ここは山から離れていて低いから崩れても大丈夫。
それに高台だから

途中、ガソリン満タン
道路はほぼ冠水状態になりつつある・・・
ハイエースだから馬力あるし、車高が高いから抜けれた

バイパスは海抜が高い所、低いところがあるから国道本線で行こう!

ついたらかなりの台数が避難していました。

あとは車の中でお弁当たべてビール飲みました^^

そして何時間かして家に戻りました

道路は山から落ちてきた木ぎれがいっぱいでした。

おっさんの記録としてブログに残します。

一刻も早く避難不自由な暮らしをされてる方や
ご家族をなくされ悲しみの中にいらっしゃる方々の早い平安の日を
望みます。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です