感謝する気持ちしかなかった

神は常、日頃どこにでもおわします。

目の前の草木や石ころにも霊が宿ります

祝詞を奏上しなければいけないとか
お参りに行かなければいけないとか

また、力や運をもらう為に神を敬う・・・

本末転倒だと思うのです

しかし、この思いも40年と言う日月が

教えてくれたものですから

今だからこそ言える訳です。

ですから迷い道、回り道せず進んでください

しかし、廻ってきた道も後から正されるものなのです

だから、今のあなたの思いは

間違ってないのです・・・

今回の行で改めて勉強になった事があります

それは「気づき」です

気づきは、新しく気づく・・・

ではなくて「思い出す」事

人類始まって、相当な年月が立っていますから

私達は魂縁、血縁、所縁で何万年と生まれ変わっています

先祖や縁がある人の生まれ変わりでもある訳ですから

すでに色んな事を経験し知っています・・・

観に気づく。この能力も引き継いでいます

どこで、いつその能力を出すかは

日々の学びや情愛を持つ精神だと思うのです

だから「今」の積み重ねが大切で

必要な時は自然と下りてくるのだと思いながら

神様、ご挨拶を終えました。