久しぶりに来た!一言主命の声

一言主神は託宣の神でもあり人の言葉に宿る神霊です
そのお示しは主に一言でありますが二言、三言、四、五言まで続く場合があります

それもダイレクトではありません
正神はキーワードだけです
そこから探りだすんですね・・・これを審神者(さにわ)と言います。

ちょっと分からない事があり神様に問い合わせている最中でしたが
そんな事も何日立ったかも忘れ、風呂の扉を開けようとした瞬間・・・

私の場合、この瞬間が昔からです

仰々しく神業中とか祭司とか祝詞を奏上してる時はありません
何か瞬間の時です

トイレのドア、車に乗り降り、朝起きた、風呂のドア、空を見上げた瞬間など

瞬間は何も考えてません。無意識

だからだと思います。
神代文字のお守りも「瞬間」で決まります

これを作ろうと朝から準備しても作業に入れば
何か道具を持った瞬間、全く違う形になってしまう事が多々あります。

長年、私の中には疑問がただ1つあり
分かってはいるんだけれども、なかなか実行できません・・・
それはもう10年以上そのままです。

何かというとネットです。

昔ねお付き合いしていた神業仲間・・・という程でもありませんが
教をいくつかいただいた事もあり信頼している
その筋のおばあちゃん・・・

聞かれました・・・・

あなた神様のお仕事はどうやってなさってるの?

私はHP作って主にネットを利用しています
先生も今からネットが主流になってきますから、人はたくさん来ますよ

と言ったら

神様のお仕事は神様が連れてこられますから

結局は人が繋げるという事です
人気というか何人も期日待ちだったり
家の前には人が並んでます

私は先生に来てくださいませんか、お願いしたのですと言われてたから
何人も通り越して入っていく訳なんですけど
自分も別に急用はないし

先生、待ってある方を先にお通しされてもかまいませんよと言ったら

いいんですいいんです。

神様の時間を待てない人は元々、縁がないんですから
途中で待てなくて帰る人はそこまでの人ですから

私は体制的な考えなので、その体制がはずれるとズバズバと物をいうタイプです

でも、この時間に来いと言われて、なんか自分が先に・・・というのは・・・

少し笑いながら、そうですねー、神様が会ってもいいぞとおっしゃったら
夜中でも一人で山を登るでしょ・・・と言われました

基本、神の考えに人の考えは優先されないのですよ

(これ私の後々の学びになりました)

人智には及ばないというのは、その場で理解しましたが
待っている時から神は観ているという事です

その先生は何でも高い!  でも本物です
時には病むので(魔界)、そんな時、教を乞うという先生:弟子とかじゃなく
不思議と私が連絡とり、助けてあげるという関係でした

お茶のみがてらの時、先生、今、病んでませんか? 憑いてますよ
わかります? そうなんですよ
じゃ、祝詞を奏上してあげましょう。 そんなおもしろい関係でした。

神の教え

2021年4月24日

問題は「神が連れてくる」です
本物の正神ならば連れてくるです

だからネットは反している訳です
このブログはグレーゾーンです

ショップは「神代文字の神霊」オオナムチがいるのでOKなんです
私が生かされる場所ですから

今、社会は5月より実質限定に入りました
神の象意(転写)でもあります

最近、長年の疑問がまた脳裏に浮かびました
それはSNSとYouTubuです。

SNSの世界は主張と利、我の世界です
神様は好きではありません

が・・・長年やってきたことを反省してます(御面)

興味本位、真に神の教えを学ぼうと見えない
私の行動に無駄というか私の話を求めてる人限定をするべきだと・・・

自分の原則、神を学ぶ道は神を求めたら神に対し最善を
お返ししなければいけないという教で何十年実行してきました

ある時は行動であったり、物であったり、真心であったりが
私の中の鉄則です。

ブログは勝手な思いを綴った記事を読んでくださる人
ショップは私を生かせて下さる方

ですのでブログ、ショップ以外は解除しようとネット断捨離の準備中です

真剣に必要と判断された方は不思議と繋がる
過去からのお付き合いある、ご縁の方もブログでの出会いからです

ショップでの作品動画は別の動画グランド持ってますから
少しづつ移行していきます

「あなたと私」の関係でいたいのです。不特定多数は神に反します
教を学び、自分のものにしたい、必要であるという人と限定していきます

話は長くなりましたが
今年は「辛」という空間に私達は存在します

ドアを開ける瞬間、「辛」感謝、慎ましくと霊言がおりてきました

「辛」は貴賓・プライド・美意識・完全主義です

私達は普段、何気なく1日を過ごしています

上に書いた「辛」の特性の空間に今年は生きています

そんな中で品格もプライドも美意識も完全もない人が入ってきたら
その和は異空間となってしまいます。 場違いになる訳ですね

印は審神者の部分です

そこから託宣:答えを見出さなければなりません

一言主命は「辛の空間に尊厳を与えよ受取れ」です。

つまりこうです

尊厳を与えよ:この空間に生きているという事に慎ましく念頭に置く
念頭に置くという事は天に示される通りにせよということ
辛に対して礼(令:霊)を奉じなさい。

受取れ:貴賓・プライド・美意識・完全で過ごせ

2つ揃わないと異空間にいる事になり、場違いの者になります

この話は皆さんのブログ限定です。Youtube、SNSには発信しません