天神様のお通り世情

世の中は総裁選で忙しいみたい
ニュース読んだらこんな事が書いてあった

1に派閥利益
2に派閥権利
3に地場権利
4もない
5せめてあって欲しい

天神様がお通りの際は何をお思いになられたのか?

それで算命学観点で簡単に性情を観てみよう
鑑定料いただいてないので適当に観る

まず、ミスターK

・日干が癸で宿命に水を多く持ち過ぎる為、水は濁りズルさが生じる
の為、賢く生きようとします。
また土も多く一本道を行く真面目な人となりますが宿命格法で
「律音」を持つ為、二面性あり、さらに東(社会)と目上(北)が中殺されているから
持っている体制的、協調和合性の星がゆがんだ状態になり、もしトラブルが起きた時、
環境が変わった時には人格が変わる可能性が大
さらに自分主体なので国の顔という器が大事(激しい批判力)批判だけで終わる
あとがない・・・自分には甘い。

かといって悪い訳ではない、人間の心は秤の如くですから
天はこれを持って勇気と知力をもって頑張りなさいが御心である。
総裁戦を頑張って欲しいと思う・・・

昨年から攻撃心、闘争心という積極的行動性(つまり、イケイケどん)の状態なので
ご本人は気合が入ってるが10年間「天剋地中・刑」という宿命が来ているから
仮になったとすれば感情が先走り外交で問題が起こりやすい
スタートは切れるが途中で思考が変わりやすい、その思考は感情的
感情だけで外国におひかえなすってという腹底の力が出し切れない

ミス?T・・・ミセスN

・日本においては女性は主長は・・・という部分があるが
漢(男の中の男)がいないのか? 仕方がない、天は認めるがまわりの男次第

女性は社会に出ると天は男とみなしますから男よりも苦労が多い
そういう意味でも頑張って欲しい

ミスターK(あとだし)

・ミスターkより安定感が多少強い

・日干宿命に五行が均等バランス良いので精神は安定している
処処で対応できる能力を自然と持つ
しかし、政治家にふさわしい星を3つ持っており宿命格法は何もない
大運、年運に目上の力が働く星周りにきてるから
古参連中次第
また本人の十二従星のパワーが足りないから支援者の運次第
さらに子供の星を宿命で持ってるので純粋でズルさがない
ここが多少の頼りなさイメージのせいだろうか・・・

後輩を育て自分の力に取り入れたら大きく伸展していくと思う
足りないパワーを目下が出してくれるから。

個人的には・・・次の総裁選がいいかもと思う。常識人で温順バランスいい。
目下が助けてくれる宿命を持つから仲間をもっと増やした方がいいと考える。

この人がなった方が無難なんだろうか、こちらが未来あるかな・・・
ミスターKはしずく、ミスターあとだしKは海
すでに器が違う、ただその海は神経質(波が荒い)
でも包みこむという海だから目下から好かれるのかもしれない

さぁ誰になるか
どっちにして多難な新しい日本が始まりますね
正々堂々と皆さん、戦って欲しいですね
もし、ミスターkがなれば、あとだしkは来年に運勢にチャンスが訪れる

どっちにしても民衆が考える想像もできない頭を国の為に
使っているからコメンテーターが言うような
国を政治するということは大変な事である

世間やマスコミは色んな事いうが
こういう政治をする人達がいるから今の日本が存在します
だから、感謝する理解に励んでみるという心も大事だと
思います。

さて、今の日本は柱が宮なのか?

それは家庭から、妻は夫を見下し、夫は妻を労わらない
子も父母とは友達関係、是、家庭不和原因

民衆社会は2015皮切りに分裂
芸能社会は個々に分裂
民衆社会は我が身優先、我がまま(国に従わない)
理屈をくりだして自己の正当性を論ずる

もうこの時点で西から東~西のクロスがずれています

政治はついて来いという!カリスマがいない(つまり後継者)

何もかも主体がない・・・自由過ぎ
しかし、天のお示しと同時に目覚めた人は10年前から日本文化に
目覚めています
先日記事にてお話したように

天剋地中の空間

2021年9月17日

柱が西によがむと民は乱れる(これも民からきている)

東によがむと「争い」つまり戦争

これが正常。

大社八幡大神は静かにしておれというのに

今年も放生会がない

すべての命を慈しむ天神から下された法さえも天神は与えない

天照に諭した八意思兼命(天之児屋根)の法を持ってさらに天照の「令」に従う
10月中には魂を目覚めしないと


(天神様は八意思兼命さえも拝令できないよう水で流した)

それは個々の魂が自らの力で目覚めよと言ってるお示しです。

大神は厳しいぞと自ら蟄居しています
己をまず慈しめという神の思いだと感じます

それには「令」に従えという事だと思います

かつてたくさんの聖者に共通していることは

「自身が目覚めて世界は平和になる」

逆に言うと最終的には「自身」が困るという事です

日継神示でも「御霊を磨きなされ」と暗示をかけてるのですね

それは自分の為と言っているのです

自分が考えて思考行動してるようですが
霊(自霊)の思考が先です

これを霊主体従といいます

みんな体主霊従になってるから天神様は怒ってるのですね

これを日継、釈迦の教え、老子の言葉、孔子、荘子
旧約、福音、モーゼ様々な形で後世に伝える為に
残っておるのにオカルトでしか見れない

今の人類。

しかし、慈悲深い人達もたくさん存在します

心に従う時代

その内容は現実ラインのバランスを保てないといけません

そう思います

神が手をさしのべるのはまずは10月まで

あとは元の元の元の神、天神様次第。

おおよそ200年前後毎に転換期がくる
日本の宿命

自分一人が正しく生きても世の中変わらないと考えるのが多数だと思いますが

周り主体で考えてる時点ですでにはずれています

心は情愛をもった自分主体であるべきだと思います。

たった一人の善なる力が天使の数を増やします。