天とあなたの心の学校

現在、国内は明治開港以来、西洋に影響され

日本人の意識の次元が落ちてきています

それは心より文明(科学)が先にいっている・・・

これから書く文面は今、現在の時代大改革の現状です

具体的な啓示はまだ、下りていませんが

今は天が「陽」の時代で現実界は「陰」となっています

つまり、天の目が厳しい(令)、それによって人は厳しさに耐えられず 影に隠れてしまう。

逆に影にいた人が日の目を阿比留(浴びる) どういう事かというと

「精神が強い・豊か」な人は 令に生きられるという事です

現実ばかりみていた人は令に対応でき難い・・・ だから悩む

巷では「風の時代」と言いますが

まぁこれもいいでしょう・・・ しかし、御伽夢物語ではありません

これからは、 マジ!という位

心の時代・・・ 心を持っていないと、旧制に忍び依存し変革に耐えられない

昭和の戦後復興は先輩たちから学んだ事は「心」で支え合った

だから生き延びて助けられもした

高度成長期は「勇気と未来の子供たちの為に」で完全復興

2015年に始まった分裂対立のお示しその形相は

徐々に精神苦が表面化し個人に至っていくまでにきております

人々はその原因を外側(国や自治体、他人)に目を向け

形や欲に惑わされ内側(自身の心)を観ようとしません

しびれをきらしたと言ってもいいですが

天の令は 開闢以来、決まっていたかのように

天照の言葉として (伝道者)によって伝えられています

2018年にスタートし2019年、ラッパが吹かれました

日本の大運10年の前5年の段階です

2019年~2022年まで2023年から徐々に2024年まで

いくつかの精神的分岐点があります

2025年あたりから、それまでの精神が形相化していきます

24~25の狭間が一番苦しいのです。

ですから、今、その「精神=心」に新しく目覚めたり、精神とはを真剣に学んだり

し始めてる方も多いと思います

または心を磨いても何も変わらないじゃないかという方もおいででしょう

磨くと言っても祝詞や経を唱えたり、神、社を拝みに行ったりの外側ではありません

家に神棚置いてるから、そこに依存、そのようなものでもありません

神とは何か? 

これが内から発見する事が大事です。

内からですからヒントはいつも日々の暮らしの中にあります。

生き残るか、挫折するか、心は病むかの、ここ2年が最初の正念場です

それは皆、人も動物も同じです。

動物も生きる為に危険を承知して 人里に出没しています。

毒虫でさえも・・・

以前(旧制)のように誰か(教祖・能力者)に頼り癒されたりする、

現実界が「陽の時代」で表面ばかり気にする

成長がない精神時代から令和にかわり少しづつ現実は「陰」と変わりました。

正念場ですから

正勝吾勝勝速日(自身の甘え・不安・依存、正しく清き己の心で行くことが道は速い)

でないと今の現実界での陰の時代は

精神は「気づき」という武器無しではついていけません

裏側が天の意思(陽)で表面化される

ですから私も人の欲情(依存される)に流されず身を改め、

自身の力で進もうとされる方、万民に微力ではございますが

これからの参考になるようブログを務めていきたいと思っています。

天照が岩戸に御隠身された時、 八意命は私たちが支えますから

どうぞお出ましになられてくださいという言葉を信じて

岩戸からお出ましになられた瞬間、大きな陽が差しました

意味わかりますか?

これは天上の出来事です。

下では縦線、民が支えあう、一丸となって協力しあうという意に転写されます。

ここに我が身の何らかの甘えや妥協があっては太陽の陽はいただけません

共倒れとなります。

今後の方向として 「神様とあなたの心の学校」という意識で時々(大半かも)

重要な記事は ご興味あります方はご購読ください

まだ今は完全なる陽の時代に入ったぞというだけで 具体的な啓示は出てませんが

神様の一旦、人への締めを示されます。

知ってる教祖、何かしか能力者に依存したり、光をもらおうと

接触を心みたり、その新しい自己確立の令に沿わないと

ちょっとした気の弛みに魔が忍びよる恐れがあります

自分はあの人の教えに従っているから大丈夫・・・などはありません。

神は超えろとおっしゃっているのですから厳しい現状を与えているのです

自分を超えろという事です。

11月末12月初かなと思います

「日本国の運気、国、民の経済動向と世界の動き」

「陽の時代における身のほどこし方」

この啓示があるかと思います

その時は、あらためて進まれている方にお教え致しますので

道のご参考にされてください そして自分のモノにしてください

神は自灯明を求めています

2500年も前から・・・

今回の現状がなければ世界は争いになっていたかもしれません

その点を考えると精神が磨く事ができる時間が与えられました

生きていられる事に 感謝が芽生えてきそうです・・・

まず初めに後半記事タイトルは「気づかない日本の民」

日本は古くより国の時代変換(即位)の度に元号が変わってきました

文字の意味ではなく、「文字が二つ」 陰陽です。

陰陽を熟知している人は「陽陰」または「太陰」と言います

気づかない日本の民・・・

これは旧約聖書にも出てきます

「あなたの民は私の民、あなたの神は私の神」

ある一途な純粋な女性の物語であり

今、神が望む本質でもあります

世界は古代より縦横の世界です

日本の縦(南)があり横の世界があります

その分岐である