気づいていない(心が現実を作る)という事

意外と人は気づいていないですね・・・
じつはこの現実社会は「心」が作っているんですよ

このブログでクロスは何度も目にされたと思います
縦が(精神)で横が(現実界)

霊主体従ですから霊が作り出し、その想念が現実に反映していきます
強ければ強い程、形になっていきます

その霊とは?

まずはおさらいします。
心は身(肉体)を動かす目に見えない機能です
その心の中身を収納するのが「魂」魂は心と同体です
肉体が無くなれば魂は(魄=ぱく)に変わります。魄は「光=本当の自分」
しかし、生きている時の意識次第で光の度合いが違ってきます。

だから現実界で生きる(過ごす)という事は人間にとって何よりも大事な事です

魄(ぱく)は現実を作る上での自身の心を形成させます・・・もう一人の「自分」ですね
それは空間に成り変わり自身の心を揺れ動かせます

動くのは自然の摂理です。固まって動かなければ全ては存在できません

空間は10種類に分けられ、空間(心)の中で過ごすパワー度が12種類あります

その10種類の空間と12種類のパワー度についてお話を進めていきます

有料ではありませんので、どうぞご安心下さいませ(笑)

10種類の空間とは鑑定では「十大主星」これは心の持ち方、とらえ方の種類
12種類のパワードは「十二大従星」と呼んでいます。エネルギーを使う手段方法

つまり、空間とパワーがセットで心が動きます
このセット期間は10年毎で組み合わせが違ってきます
(人によって何歳周りの10年となります)

これを「大運」と言い「年運」を支配下におきます年運は「月運」を支配下におきます

しかし、大運がすべてを決めると言っても過言ではありません
人間の心の基軸はこの大運に10年毎、左右されていきます。

じゃ、どのような中身なのかですね・・・心が影響を受けるところです

(十大主星)=空間

・自己確立を起こしていく時代
・人脈広がり人間関係を拡大発展させる時代
・表現力(積極思考)の時代
・感性を磨く(自己を見つめる)時代
・愛情、慈愛を経験する時代
・堅実、計画を持って足元固める時代
・行動力を持って切り開いていく時代
・責任、プライド、自己確立した時代
・伝統や文化学問、または社会そのもの学びの時代
・変転変化で先が定まり難い時代

(十二大従星)=パワー度、1~12。12が一番強い

・パワーの波が常に変わり、違う力にも変化する=3
・受け身のパワー。他人の力を自分のものにする=6
・真っ直ぐ突き進むパワー=9
・パワーの先が定まり難い=7
・全身力あるのみパワー=10
・安定した落ち着きあるパワー=11
・最強のパワー、自信に満ちたパワー=12
・一歩引いたパワー、冷静的=8
・想像力を備えたパワー=4
・受け身パワー=2
・一点集中パワー=5
・瞬発力のみパワー=1

空間が心を動かし、それに合う感情を引き寄せます
そして組み合わせできたパワーで

心は10年、およそその状態です
この間に天中殺が来ると「天をも超える空間」に行くので
成功に至るとかは、この時期です。

しかし、10年で状況が変わります・・・芸能人を例えると分かりやすいでしょう
力が継続で何十年立っても人気は落ちない
例にすると、ダウンタウンの松っちゃんと浜ちゃん
並大抵を遥かに超える努力を重ねた御二人です

でも、まだ何で心が現実を作るの?

視覚でもとらえてみましょう

動画で申しましたように、霊主体従です
「心」は見えませんね・・・現実界にあるものの現実界にはいません

見えないのですから

だから「心次第」でこの世(自身の世)は変える事ができるのです

2500年前、お釈迦さんが言った「心が豊かでありなさい」

その豊かさは人、様々です
自身にとって良いと思う世界を創造されてください

神様も良いと思って、この世をを作られたのです。

Are you happy?