元天神の大御稜威

皆さん、こんにちは

先日、元天神「大巳貴命」神様の所に普段のご機嫌伺いを
兼ねて三輪山に参拝に行ってきました。

今回の参拝はお守りを買って下さる皆様
そして、このブログをサポートして下さる方に助けられていますと
神様にご報告し、皆様に大御稜威賜りますようご奉神して参りました

ですので自霊拝(自霊との交流)において
意識のチャンネルをお合わせになり、どうぞ思いを打ち明けて
下さってかまいません

あとは神様が導いてくれるでしょう・・・

元の基一、天地の音

2021年9月16日

大巳貴命神は病治しに邪気、魔を祓う神様で先祖はスサノオ命神
元天神です。

大物主、大黒様とも御神名でもあります
常に少名彦命(薬の神様=親指ほどの小さい神様)を一緒です

習合では阿弥陀如来

私が年に1度、御礼お参りに行く神代文字師匠がいらっしゃる神様と同じです

事前に三輪山に行きますので宜しく願いますと
お願いしてましたので朝から雲もなく良い日で大安日

参拝後はご神域に入り数珠玉(稲科、とうむぎ類)をいただいてきました。

これは古代天神の教えにある「たなつもの」の1つです

縁起が良い植物でもあり花言葉があるのですが
なるほど、教えの中に書いてある通り

祈り・恩恵・成し給う(成就)の意味があります
そして神功皇后ゆかりで、数珠玉は千珠・萬珠でもあります

まぁ討伐ではなく一部討伐で、同盟なんですが・・・また仲哀天皇がご崩御されてますので
皇后はここから運命が大きく変化します・・・

今回ははぶきます。

神取りしてきたもの・・・これからの処理が大変です
(指がつりました^^)

1つづつ玉を取り乾燥させて、中の実を取り出します
白い玉はやがて黒褐色に変化します

乾燥させていますので、もう色は変わりません

五行では白は「金」、グレー、黒は「天=智慧」
これを知っていた古代人は腕や首につける装飾品や祭祀に使用していました

近年の古来ではお手玉の中身です。

1年に1度の収穫、今が旬です

とても軽く、腕に負担がありません

「大巳貴命神と神功皇后所縁の玉」と命名し三輪山に報告しました(そのまんまですが。。)

1日の様子をスポットで動画撮ってますので、どうぞご覧くださいませ
御宮もとても優雅でキレイです。