慈悲の使い方、違う角度から

慈悲と言えば、愛情、優しい、包みこまれる 色々とイメージすると思います

特に南無観世音菩薩に手を合わせた時、何だかそう思いますね

でも、慈悲というものは色んな応用があります

お釈迦様が言われる、他人に利益(くどく)を与えるは慈悲の慈

他人の不利益を取り除いてあげるのが慈悲の悲

これを使います・・・

人間関係、悩んだり、イラっと来たりあると思います

そんな時は

いつもご覧下さりありがとうございます。どうぞ続きをご覧くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。