無為自然(精神の元始め)

無為自然とは「無為」は「為(な)すこと無し」

自然とは、「そのまま、あるがまま」という意味です

とは、言っても今、日本中悲しい出来事の影の中にいます

いつまで、法でしか人は生きられないのか

一人、一人が気持ちを育み、周りを育てようと善なる心で

立ち向かわないのか

人は、今、精神が始まり直す始めなのかもしれない

今日、この頃です。

いかが、お過ごしでしょうか?

気持ちを切り替え、形ついていく世界を受け止め

明るく、謙虚に慎ましく、神の御前に恥ずかしくないよう

この暑い夏を乗り切りたいですね

夏と言えば、七夕にお盆

七夕は1~7、7~14,14~21の三段階の333です

3つ揃って、団子です、それに下から串を差します

この世と捉える3次元の事です

この串はシナプスと言って神経を意味します

シナプスは目に見えません、見えない神経の事です

(ホースの中にある、たくさんの配線)

これを別名、シルバー(プラチナ)コードといい

この中に、幾世の自身の情報はつまっており、それは宇宙に届きます

足裏から背コツを通り、頭で抜ける

七夕は精神のスタートであり形が始まる意味です

お盆は、その精神の動きのピーク

この2つが来年の夏まで影響します

ですから、お盆はお墓参りや故人を偲ぶ時期だったり

ご先祖様が一時、帰ってくるという古代よりの謂れでもあります

ですから、今回の出来事は非常に意味があります

神として生まれ、神として次の役目でお帰りになる

その中身を見去らされたという事だと感じます。

団子の始まりは南です。そして北に上がります

北から天下り中心であるハートが左右に分かれます

西は家庭、東は社会

下る南は子に愛情を流します

流れた南へのエネルギーは大地

神が言わんとすることは、子に繋げなんです

この状態をゴルゴダの丘、十字架を意味します。

中央に磔されたものは心

ですから日本人は母のお腹に宿った胎児を大事にしてきました

勾玉です。胎児は勾玉のように大地を見るまで眠る

そして神(自然)の恵みを受け、神の恩寵を忘れないようお守りとして

胸に身に着ける訳です

その考えで家族と成し、男も女も東(社会)で活躍します

その中に時代の流れで良きせぬ者が出現し、あとは歴史の通りです

今、まさしく良きせぬ者が出てくる前に戻ろうとする夜明け前なんですね

夜明けの晩ですから朝には、みなすべて目覚める

何が大切かという事ですね

一見、正義として世界は動いてますが

後ろの正面は誰~れ

正義が本当の悪なのかもしれません

十字架の意味は神の理であり万物の営みを示します

 

今日、書いた事は単語として教えてもらったのです

人なのか、異星人なのか、誰なのかわかりません

私自身なのか、不明ですが

憶えているのは、誰も真に信じませんが

宇宙船に乗った時でした

それから、何度も躊躇しましたが、後の事は考えず

買ったのが翡翠です

それから10年、単語を自力で学習しました

しかし、今はもう知っているし、このブログで何度も書きましたように

数年前から少しづつ、手放しています

龍も水晶も石もみんな私の記憶が詰まっています

どなたか様にお譲りします

多分、これが最後

いや、まだ鏡と金幣があるけど、宇宙から言わせると

まだまだ、小坊主です

宇宙船は古代の戦車みたいな色のごっつい四方形で

旅立つ時は、形が少し変わり、この世とは思えない色で

俗にいう、ワープで夜空に消えてきました

中にいた時、もう1人の私が宇宙船を見上げていました

なかなか、思いで深い

もう一度会えるかなという思いがあり

神業に行く時は必ず、身に着けていました

アクセサリーは好きなんだけど

一回つけたら、なおすか、なくすか

でも、以前の翡翠のバングルとこれだけは

ご神鏡のうしろに「神様は隠身」にあやかって置いてました

今、私は次の段階にいきますので

思い出だけいただきます。きっとお役になればと思います。

 

10~11~12は変化が多い時期だと思います

熱さ弱まり、涼しく、寒い

季節が大きく動きます

 

今年の夏はご先祖様に必ず手を合わせましょう

左は自身、右は仏様です

指を交差しますと、交わるです。

人間には生まれすでに力があるのです

それは生もなく死もなく

だから無為自然でありなさいが

生きやすいと古代人は言ったのだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。