大いなる咎めの世

人類五千年以上、争いは絶えません

最初の三千年は、まだ神の血が濃く残って、次の三千年は段々と

薄くなっていく、今の世であると思います

しかし、それでも神意を持って生まれてくる子も存在し

人として生まれても、神意に目覚めてる人、いく人も

存在すると思います。

こんなお話があります

わしら、良くしようとして大神様始め

元の大神様とも一体になって、元の大神様も元の元の元の大神様に

お願いするが、話は進まん

それは、元の元の元の大神様は

もう、すべて無くす思いじゃ、そういう神意の、つもりだそうじゃ

まだ詔がでてないのが助かりじゃよ

元の元の大神様は、それを止めようと

必死になってやっているが

そればっかりは、元の元の元の大神様が成すばかりじゃ

もしもの時は、皆、従うしかないじゃろうな・・・

 

お話はここまでですが、

少しづつ、少しづつ

小出しに成るよう、元の元の大神様が成す技で

私達、世界は助かっているのかもしれません

しかし、元の元の元の大神様から大いなる咎めとなるものが

極まり、どうここうもなり得ない場合は

あると思い、私達にかかってるのではないかと思います。

これは神書(三)自分で解いた訳を読んでると

ある1つに、いつも目がいきます・・・

「火を燃やし、水を沸かし、山を作り、霧を降らす者」

極まっていくと・・・

と、今を観れば考えてしまいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。