明気のお盆

毎日、暑いですねー 夏は苦手

遺跡発掘もお休みです

こんな時にしたら、遺跡と一緒に遺物になってしまいます(笑)

外には出ず、次のステージに向かって引きこもりしています

これまでとは全く違った形に生まれ変わります

およそ、8月に入ってかなと思います

天であり、神である教えが直接いくようになります

最初は全く未知で正直、どうしよう・・・と考えていましたが

天のお示しなんでしょうか、トントントンと進んでいます

ただ、真剣と真剣の中身と思っていただいたら嬉しく思います。

さて、月が替わると早いですねー お盆がきます

特に今頃は亡き故人やご先祖を思い出す

何となく、そういう話になる

気を受けてるからです。

ちょっと涼しいお話をしてみますね

一年に一度、先祖を偲ぶ時がきますね

ありがたいですね、そんな時を古来の人は残してくれた

帰って来るんですよ、霊が・・・

と言うよりは「魂=気」なんですね

お迎えして、送り出す儀式

良い霊も悪い霊も帰ってきます

これも帰って来るというより、私達を見つけるんですね

でっ何で夏の時期なの?

この疑問を持った、あなた、見込みがあります(笑)

神の道見つける、知る、模索する、これでなきゃいけない

私達が知る夏は、イメージでは8月かな・・・

自然に於ける夏は「太陰太陽暦」では夏は5・6・7月です

8月は秋なんですね。

もう秋~誰もいない海~と歌があるように・・・

それで、8月お盆時期と言えば夏が「極まる」極まって終わる

正確に言うと、「陽が極まる」。時間でも朝、6時を境に7時、8時が

陽の気のピークです。

干支で言うと、巳・午・羊

そして、夏の時期は昼夜も明るいですね。先の見通しもいいです

明るくて景色も見やすい

これを「明気=あかみいき」と言います。

森羅万象すべてが、極まります

見通しがいいですから、霊にとっても見つけやすい

良い霊もいれば、悪い霊も・・・

そして、もう1つ、大事な教えがあります

夏は南をあらわします。 南は精神の始め、北は精神の終わり

だから、北枕なんですね。実際、北枕の方が寝心地がいい

精神の始まりですから、ここ肝心ですよ

「魂が入れ替わる、又は霊という気の影響を受ける」

夏は犯罪も事件が多い、神秘的な事象も多い

1年で一番の、この世とあの世の活動時期ですから

そして、夏の色は赤

葬儀では故人には白、偲ぶのは、黒

玄関には「忌」、黒で邪気をはねのけ(色がつかない)

塩で清めて神様を戻す

これが、日本なんですね、仏教以前より先祖を敬う儀式があったのです

先祖を祭る事で、気を受け、家庭円満や病気禍滅除と繋がります

そして、感謝の気持ちを持って、あの世に送りだす

我家では、その儀式は私が両方、行っています

先祖の中には、佛を信じる者もいれば、神とする者も

いるかもしれない・・・気持ちは同じです。

また、夏はそういう意味で盆踊りや、御祭、花火大会が多い

霊を和らげる為です。

和らげ、この世の力を添えてあげて、神の世界で

また、社会に戻ってこれるよう清めて送り出す

感謝の儀も含まれています

日本は尊い国なのです。

これを天孫命之美都之御殿爾仕依奉天と言います。

かむろぎかむろみの命を持ちてなんですね

そのうち、大祓詞の本当の意味をご縁いただく方に

お話授けます。

 

※仏さんには、菊が一般的です

16菊紋、神として奉るという意味です。

 

あっメンバーのお部屋をご用意致しました

皆さまあっての日月の私です

皆様へ日頃の感謝を込めて、天照さんにお会いしてきて

今年後半が無事過ごせますよう、大祝詞を奏上致しました。

 

※今年の8月は、すでに事象が出ています

桜島の噴火です。これはサインでもありますのでその先の

中央を気をつけておいた方がいいかもしれません。

「戊申」の月でもあります

土生金で「金」を産みます。ゴールドではないですよ

少しは関係あるかもしれません。噴火は爆発ですから

爆発という事象も注意が必要です

特に申は金であり活動的でもあり「鉱石=康金」であり

硬いイメージです。戊は山を意味しますから

また、壬寅で大きく動くが主軸です

その中の「戊申」ですから、あらたな噴火に注意と共に

お互い引き合いで強いという事象

日本が強くなるという未来の暗示かもしれません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。