八百万の神達諸々に聞し召せと白須

八百万の神 やほよろずのかみ

森羅万象における海の神、山の神 自然現象を司る神々、商売や学問の神々、

縁結び 芸能人間関係の神など、その数の多さや種類から 「八百万の神」と言われています。

確かに、そうなんですけれども、ここに教えがない

森羅万象に教えなどあるの?

表面だけ見るから、いつまで経っても神も人も一心同体になれない

どうやったら心に神が鎮まり一心同体になるのか

そういう事を考えてる時期が昔、ありました

何もわからぬまま、飛び込んだ世界に疑問をいただきながら

今みたいな夏の熱さの中、アイスクリーム食べながら 神社の参道を歩いてました

ただ、ひたすらだけが一番の頼り

しかし、これは、後のわたしが知る

一番の答えでした

ただ、神というものを知りたい、ホントにいるのか?

いるなら、神と仲良くなりたい、やっぱ作法とか大事なんやろうな

今回、神やけど、人に教えを受ける際は礼儀を通し、柔軟な姿勢で

絶対的に服従しなければならないだろーな

(先輩や上司、目上を立てるという感じ・・・)

職人にしても、誰でも弟子を取るわけでもない

何らか、見合う資質というか、情熱か心か

何かそういうものを持ってないと、一心同体になれない気がする・・・

まぁ、これで始まったのですが

どうやって進んできたか、神を知るまで、その道の教え

私が掴んだ道を公開しようと思っています。

この道は様々な人から助けられ、教えられ、自身で気づいたもの

やがて数十年後、神書(一~三)を神霊師匠から授かり

理解に努めようと読んだ時、自分の道は正しかったと思いました

神に対する、歩む道は人それぞれ違うと思いますが

全体で理念みたいなものです

大きな柱として、(一~三)の教えが後から自身についてくる

もちろん、これだけでも十分です

神を受入れる心、気持ちの持ち方、他、色々

これについては、現在、別書(仮名)執筆中なので、

このブログで詳細を説明し

いずれ新しい場所にて公開しようと思います。

 

でっ八百万の神の完全な教えはどうなのよ?

 

そうそう、そうでした

一般に説明されてる内容は正しい

しかし、その内容には進化がない

それ以上の学びがないと・・・

そこのところの理由と答えを書いてみたいと思います。

いつも私が申し上げる

天に神在り、地に神霊ありからなんですが

私と姫(き)の神伝の綴り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。