知れば時代の波に乗る(令和4年壬寅の動き)で開運

早いもので、後1ヶ月で新しい年の豊栄登りとなりますね どんな年になるかは楽しみですね

暮らしはどうなるのか、コロナは? 自分の仕事の動きは?

来年も病気なく健康で過ごせるのか

自分はどんな風に令和4年の壬寅を過ごしたら良いのか 気になるところです。

新しい年とは、2月4日からの事です。

でも、すでに2021である令和3年、今現在もその流れの気を受けています。

しかし、鑑定で「自身の性質」もしくは「自分のバイオリズム」を

知っていれば 恐れる事はありません。

鑑定を受けてない方も開運スタートへの道の参考になると思います。

逆に今回のこれからお話する事を知れば、うまく時代を読み

そして良いチャンスが訪れ、運を掴む事ができます。

運ばれてくるのだから掴んで始めて開運です

良い運、福運とばかり言っても掴めないと話になりません。

昨年からのコロナ騒動が起きても落ち着いて考え行動する事ができます。

そして、これから大事な儀式(過去記事でお話)

御霊分け(文と武)の正しき秩序

2021年11月17日

その儀式が必要になってくる時代が始まります。

とても尊い事です。 それでは、どんな内容か・・・

令和4年壬寅という年

1,令和4年のキーワード(どういう年なのか)

2,日本の経済動向

3,自営、中小企業トップとしての考え方

4,米国大統領

5,生まれ年(干支)別における令和4年の運気一言アドバイス

6,私たち、庶民の身の施し方

※庶民があっての国です。資本家、権力者はこの庶民の動きと社会の 進み方を知っていますので

私たちはその煽りに翻弄されてはいけません。

また何も知らずに動いてるのも庶民です。

だから国は成り立つのです。

 

開運の波に乗れるかの情報をお伝えします。

末文に書いてます「身の施し方」技をしれば自動で次から次と

運はやってきます。いらないと言っても運は自分に来ます

私も実践していこうと思います。

貴重な天の日継の示しであります。

今では「大事な儀式」を続けていたからこそ

天からのお赦しで声をいただきました。

ご興味ございましたら、ご購読下さいませ。

ご購読者様へは今月いっぱい新しい示しが降りる度に

末文に記事を更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です