すべては「気」の流れ

あんまり真美に考えないと思います
分かってるようでじつは、分かってない

いきなりですが火事になる家はある共通点があります・・・

何だと思います?

部屋に物が多い、ちらかっている

消防団の方が言っている話です。

病気にしても、西洋は根本はみない所があります
結果で診断され処方されます

日本、東洋は根本をみて治療にむかいます

そして、最終的に行き着くのが「気」なんですね

すべて万物は気でできています
幽霊も想念という見えない気です

家の中に気の流れが悪くなる物を置いている
悪い言葉やその態度が充満してくる・・・

やがて、その気は邪気となります。

ここで西洋で考えてみましょう

神職・僧侶・祈祷師・霊能先生呼んでお祓いしたとします

その時は、祓い終わり清らかに変わりました

しかし、また家の中でゴタゴタや何らかの負の連鎖が起こる

どうしてでしょうか・・・

根本が片づけられてないからです

悪い、人を害する言葉や汚れたきたない物が多い
また、その人の心持ちがマイナスばかり

日本は、その部分を古来より大事にしてきました

小さい頃、おばあちゃんに、そんな言葉使ってはいけないよ
人には優しく思いやり持たないといけないよ

もし、自分がそんな事されたら嫌でしょ? と
教わってきました

物事はすべては気が起こす事ですから

根本を絶つと、瞬時に後光が輝きます

いま丁度いい季節です

田舎では家のまわりの草木や枯葉を整理しています

運も気からですので

ちょっと視点を変えてみるのも

いいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です