日継神示四月の巻(魂魄帰神)

皆さま、こんにちは

年も変わり、あっという間に正月も終わり3月スタートを

斬ったかと思えば芽吹きの4月新年度ですね

これから今年1年と未来を支える動きが始まるという辰の龍月です

それは神の御前に忌清針清摩波里 慎美敬比 畏美母毛須です

(いみまはり きよまはり つつしみうやまひ かしこみもまおす)です

今さらながら申しますと「白須=まをす」は宣言の意味です

また付け加え致しますと神御前(神社、神棚)は願い助けてなどではなく

「こう致します」という意味でもあります

振り返れば、3年前、急に社会が変わり

今は戦争というビジネスが末端の民を苦しめています

世の中は変わるや?

この世の出来事はこの世が決めます

神の出来事は神が決め、それは天下りまして形としてなったものが

現在の世界であり、私達が住む社会です

神様としては、真っ新の世界(意思)をお作りになられています

ですから、これまで生かされてきた人間は忌清針清摩波里の文の前に

1つ、とても重要な新しい社会に生きていけるような

ある「心」を持ってこなければいけません

それは言霊としても良いし、意思として静かに持っていてもかまいません

それは叶普加身依身多女(とほかみえみため)そのものが、さらに新しく

生まれ変わります

それは令和の令でもあります

元々、叶普加身依身多女は日夜、神書(一)をご覧(探求)になられている方は

その意味はお分かりかと存じます

ちなみに神書(二)はその実践、(三)は高天原の意思と願いなのですが

身も心を合一、つまり神人合一するには

一旦、真っ新な世界に成れは、再度改めてになりますね

それは日月神示でも、その答えは常に神は出されています

「手も足も地について人間、一旦、獣になると申したであろう」

「そう成らぬよう磨いてくだされよ」

日継神示では「桜は咲かぬぞ見れぬぞ」

「磨き者の為に一旦、見せてやろう」

この日月の神様と日継の神様の答えは同じです

分からせる為にあります

神様は誰にでも万物さえにも分け隔てなく真っ新にされました

新しい叶普加身依身多女を示し、神は御教えを諭しています

その教えを分からせる為に、一旦、白紙に戻しました

さて、何が大切かこれからお話していきますね


いつもご覧下さりありがとうございます。どうぞ続きをご覧くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。