変化の時ですね(疑問持っていますか?)

まだまだ今年は前半ですが 丑寅の金神(鬼門)の狭間に入り

中々、見えない世の中ですね

壬の寅ですので「壬」は大海原をあらわします。つまり外国の事

日本は多少の影響を受ける。

知れば時代の波に乗る(令和4年壬寅の動き)で開運

2021年11月30日

まだ見えぬ世界模様や日本も含め人々の心は不安定

それは壬の大きな波に乗っているからです

大波は外国をあらわし、日本はその影響を受ける

直接、目のあたりにできないので、まるで丸太の船のようです

現在は、まだ岸にたどり着けない、どっちを向けば戻れるのか

助かるのかの状態で

もし、大きな雨やさらなる大波が押し寄せれば、根の国に沈みます

 

世界は世界の日本は日本の因の気を受け

宇宙の縁と結び因縁となっています(因縁については過去記事にて・・)

えっそんな事まで?因縁のお話

2022年4月23日

しかし、そのような状態でも、やがて・・・

それは古墳を発掘するみたいに

少しづつ、少しづつ、全体が見えてきます

それには「労力勝負で何か手がかりが、あるはずという気力」が必要です

とにかく、前に進む、進化をあきらめず

より喜びの岸にたどり着く

でも、すぐには、到達できません・・・

土の中はサウナ状態で熱い! 楽しそうでしょう? 何もかも忘れる^^

人に丙を与えないといけない神様からの使命さえ忘れるが

天には叶いません! 土を掘って死人に丙を与えています

考えると弥生時代のを現代人が触れる

真実が表にあらわれる瞬間ですから

先人の想いも晴れるかもしれません

良い供養になります

底の国と言います。

死ぬまで持って行った思いを天に返し

楽になってくださいと

掘りながら思うのです・・・

 

ですから祓戸四神は生まれて~死ぬまでの過程を詞で残してます

運が良くなるとか、女神のメッセージだとか次元が低い話ではありません

それを祝として

死して喜び、生まれてまた喜び

この世はホントは喜びの世界と祝詞は教えています

それを教え伝える人の代表が天孫な訳ですね

 

しかし、現実はまだ、見えてこないのか?

何か見通しなるもの、心に活気を湧き起こす何か指標みたいな

ものはないのか探そうと葛藤の中に生きるのも日月です

 

 

日月に習うかいもあり、地からのメッセージ

石棺の蓋を発見しました!ベンガラ(朱色)塗ってあり、やはり呪術的です

これらの石棺の蓋を並べ、形にすると大人が何人もかかえないと持てません

本体は、かなり大きな棺が予想されます

そんなに大きな形が必要なのでしょうか・・・

中に眠る大王が普段、使っていたもの、大事にしていたもの、武器となる財

ひょっとしたら、愛する者同士の二人かもしれません

しかし、行う(思考・行動)のおかげもあり

発掘終了時期は今年の梅雨前となるようです

ここは昨年の11月位から始まったと聞いています

中期間は竪穴住居の別発掘が2ヶ月かかったので実質

年前半6~7ヶ月間です

なぜ、発掘の事を書いたかというと

世界は今、この状況。年の前半を日継の示しと思っています

日本は世界の禍、災害に影響されている状態

雰囲気も経済も

やがて、羊の時期(7月)七夕を境に寅が動きます

壬寅ですからね

年運の内、壬は前半、寅は後半の作用が働きます

今、古墳の後半発掘と同時に測量がされてます、終わったら

製図が始められます。見えた形の報告書の事です

 

つまり、これから社会がおよそカタチついて来るのが今

それは、人々を生かさず殺さず(だからゴールデンウイークが今年はある)

万物と共に学び心在る皆様は、ひと時の気晴らしと

神様は歓迎なさるでしょうから、難しい事は一旦やめて休息しましょう

そうでない人はうつつを味合う団では、ありません

しっかりと認識し、およその不安が形にならないよう

人々を生かさず殺さずの罠に、近い未来に入らないよう

構えておく事も大事かと思います。

これが世界であり日本の動きです

人民の個々の心では、過去3年から始まり、今年前半がタイムです

神は全人類、どのような人にも目を向け、分け隔てなく

救われてきましたが、これからは目覚めた人が対象です

私が言ってる目覚めた人はスピリチュアルのような低次元ではありません

心・家族・温かさ・慈悲・協調・助け合いです

しかし、基本、神はどのような人にも救いの手を差し伸べられますが

それは、神を求めた人のみと知っています

神も人ばかり見ていられません、全体です

宇宙や他の種族や動植物、そして地球を中心とした銀河をみています

厳しくいうと万物についていけない人は間引き(淘汰)されます

人間もしますよね、植物や動物たちを・・・

何か怖いですが、喜びもあります

人に施し(助ける)をした方

智慧、学びを学習し目的を持った人

自分の目的に向かって進んでる人

何か自分の先を試行錯誤してる人

家族を守ってる人には神は寅を差し出します

寅がいる位置は東の位置で日が昇るところから芽吹きの「物事始め、スタート」

それまでの丑は耕し期間

つまり十二支は時間であり時計なのです。人間は時間に支配されています

今年の寅は年で来てますから現象化の実現に向けてでもあります

来年、2023年卯年が現実化となります。

精神的な物事も時は進んでいます、皆仲良く、集まっての時代は終わってます

お釈迦様が常にいわれるように自力で足元を明るくしなさいの時代です

知らない人は教えをうけるのは良いことです

誰でも最初は知らないのですから・・・

知れば、知らない人に教える

知った者同士が集まるのはスピリチュアルに関しては想念の影響を受けます

だからお釈迦さんは一人で行きなさいという事に理解しています。

世界や日本への影響事で自身の心までも流されないよう、先を見つめる

今、毎にです。

しかし、先を見るごとに固執してはいけません

「うまくいっていたのに・・・」しがみつくと余計に根の国に行きます

物事は生まれれば終わり、始まれば終わる、常に留まり知らずで

諸業無常がこの世界の機動力です

ですから3年の猶予を神様から与えられました

そして神様は神について来た者と先にさらに進みます

発掘をしていると時代の流れはもちろんの事

当時の人々の想いや現実がよく伝わります

※罠とは

星や万物のシステムを観て(底辺、学び去る者は知らない)

それは

いつもご覧下さりありがとうございます。どうぞ続きをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。