宇迦之幸せ

こっそりとタイトルを改名しました(笑)

ブログ、SHOP,YouTube、インスタ、FacebookにTikTokも

トップページ見出しに書いてます通り
たくさんの人が衣食住で幸せでありますようにと願って
「宇迦之幸せ」にしました。

宇迦之「宇」は家・天地四方・天空・心・魂をあらわします

宇迦の「迦」は、出会い、巡り合う

そして、衣食住にかかせない宇は「受け」であり五穀豊穣の豊受大神

豊受は宇迦でもあります

つまり、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)お稲荷さんです
とは言っても、狐ではありません
狐は宇迦之神様の御用です。

それで、神代文字でお札を作る事にしました

まずは、許可をいただきに地元のお稲荷さんに行ってきました

こちらの神様は、今では有名です。参拝者も多い

祀られている神様は

・宇迦之御魂神
・おおやまぐいの神
・菅原の神

菅原の命は菅原の神、菅原の神の神は八思兼命神、八思兼命神の神は
スサノオに繋がっていき、天神です。
何の事か分からないと思いますが、生きてる時は命
肉体をなくしたら神

鏡写しの世界で同時進行なのです
ですから、天照大神は天では大御神、地では大神
神世で女性ならば地では男
地での大神は天皇となります

また地上にいる、すべての人は神の子
その鏡写し(天下り)が古事記の世界です

早く言えば、神の魂持って、人間として生まれたという事ですね

思兼命は朝倉の文字神社に祭られていましたが、先の災害で流され
鳥居だけが残っており

それを見た、私はショックで神様も不便だろうと思い
菅原の神がいる稲荷神社に一旦避難ご案内し

とりあえず落ち着いてもらった経緯があります
現在は大宰府か八代か高天原か移動されてあるとおもいますが

ちょっと見えない話なんですが・・・。

宇迦之御魂神は稲荷神なのですが、じつはもっと奥深い広い神様なのです

昔ね、夜中に突然、「宇迦之御魂なり」と起こされたんですね

でも、違う天神に行ってしまいました
まぁ道順は違えど最後は同じ場所ですから
今では良しとしています

それで、作法を施し、ご分霊をお願いしてきました

いつもの、神社では必ず言う祝い文です

かけまくも かしこき 〇〇稲荷大神乃 御前に
いみまはり きよまはり つつしみ うやまい かしこみ
かしこみも まらさく(祭文がまだ続く場合)
これで終わりならば「まをす」になります

 

それで、かくかくしかじかと・・・お願い申し上げました

家に戻り、お札を作ります

我家の銀狐夫婦の仕事が増えそうです(笑)ヨカッタ・・・

お札を書いてるところを動画にしました

最後まで観ていただくと

神様が「了解した」と合図を下さってるところを

のせています。どうぞご覧くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。