雲になって現れたお不動さん

色んな思いを寄せながら
歩く瞑想修行を淡々とこなしています

雲に隠れたお日様を出すのが最近の日課です

でも簡単には出てくれません

近所には巡礼地があり恵まれている事に感謝です

八大龍王に始まりお地蔵さんと毎回、礼拝します

そして、山から平地の田園におりてきます

 

 

 

ここで自分なりにルールを定めています
昔から毎日している仏前勤行の中から真言をいくつか選び

山を下りてくるまで何を唱えるか決めます

錫杖(しゃくじょう)を持って唱えながら、田園をまた歩き始めます

今日はお不動さんにしました

「のーまく さーまんだー ばざらーだん せんだー まかろしゃだー そわたや
うんたらたー かんまん」

大体、8秒~10秒で1言

1分(60秒)を6回として10分で60回

60分で360回

これが短い真言だと軽く千回いきます

毎回の楽しみは雲をなくす

大体、60回で消えます

いつものように唱えているとお不動さんになった雲が現れました

 

 

現れたので、立ち止まり雲に向かって唱える

ちゃんと如来のお隣にいらっしゃいます

神仏は、どこか遠い世界や理想の世界にいるのではなく

心の中にいるという気づきの中に坐します

その坐しますに、さらに気づく事がすでに神仏なのだと理解しています。

また、それが分かることが習合の教えです

その気づきの連続に功徳(くどく)があり

それは自然と要がある時に使われます

これが現世利益(りやく)と思っています。

田園を歩きながら、カエルや虫を見つけると

年も忘れ遊んでいます・・・

真言を唱えながら歩くと肺や内臓の訓練にもなり

いい事ばかりです

その内、托鉢しだすかもしれません(笑)

 

明日の朝、皆さんが希望と共に目が覚めますように

のーまく さーまんだー ばざらーだん かんまん
(この短い言霊でもいいのです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です