天が味方する自分の大吉日(洩天地支)

洩天地支(えいてんちし)と言い

天干が漏れて地(時間)が自身を支える

天が自身に幸運をもたらす

天の采配なので、想像がつかない程、幸運が回ってきます

しかし、干支は六十花甲子(ろくじゅうかこうし)

十干は甲から始まり十二支は子から始まる意味で干支は六十通りあります。

60通りですから年を廻り60年

つまり60年に1回なんです

廻って来た人もいれば、これから廻ってくる人もいます

貴重な廻り合わせの年運です

私は47才に来ています

その年は、思いもしない願いが叶いました

もし、すでに廻って来た人は

人は誰でも日・月・年の3つの干支を持たされています。

日が洩天地支となれば=プライベートな幸運

月が洩天地支となれば=心が満たされるような幸運

年が洩天地支となれば=社会(仕事)での幸運がもたらされます

ですから、

・日運で日・月・年干支それぞれで見る

・月運で日・月・年干支それぞれで見る

・年運で日・月・年干支それぞれで見る

日は年運より弱いですが、でも自身にとっては良い日

月は日運より強くパワーがある

年は月運よりパワーが大きい、しかし何年も待たないと廻ってこない

私の年運の洩天地支は10年後に来ます・・・楽しみ

運勢グラフでも数値が異常に高い。

 

幸運干支の廻りは

日は2日連続、月は2ヶ月間、年は2年来る人もいます

先に精神が来て、次は形(現実)が来るようになっています

または、その逆もあります

幸運干支が廻ってこなくても生きていけるように

宿命という武器を持たされています

神様は人間皆平等

人生捨てたもんじゃないですね・・・

それでは、算出の方法を伝授します

じっくり記事をにらめっこしながら、理解に努めてください

これは師につかないと算出できない占術です

私と姫(き)の神伝の綴り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。