不眠症の原点

人道問題だとか救おうとか

新しい時代だから、もう少し寛容性あってもいいんじゃない?

だとか、日本社会は変わらないとグローバルについていけないとか

表向きには多様性が便利で寛容なる精神性を持つべきと

わざわざ言われるとですね・・・うるさいです。

思考が麻痺し、日本人が生まれながら持っている精神、和合が崩れます

メディア、新聞、社会に惑わされ

何か自分、遅れてる? 間違ってる? などと錯覚を起こしてしまい

心に針の穴が空きます

そうなるとですね・・・病むんですね。 段々と大きくなるから

すると、思考の論点が変わり、あの人がいけないとか、あれはキライとか

違う方向に行く

頭の中をボールとすれば、その中で、アレもコレもと

まぁ何ていうんですかね・・・味噌も糞も同じという具合になる

神様カウンセリング歴は長いんですけれども、本物の霊的な内容は

10人来たら1人

それだけ、普段の生活習慣的な悩み、思考がつまり新しい考えが

見いだせない人が9人。

これを回避するには、アレはあれ、コレはこれと頭の中を

分割しなければいけないですね

また、今、その考えは今する時なの? あとでとか、そうなった場合とかを

と指摘する人物を自分の中で作らなければいけません

神書にも書いてある通り、神様の判断は良いか悪いか

悪ければ厳しい罰と咎めがあります

でも、その中で猶予や酌量をしてくれます

それが自身の壁という、つまり苦しさや困難や辛さ、病気

まぁキリがないですね

そういったものが猶予や酌量で相殺されていきます

神は「愛そのもの」ではありませんね

ですから、1つ1つ紐を解いて、解してお話していきます

帰る頃には青白い暗い顔がピンクに変わり

元気なお姿で、皆さまはお帰りになられます。

まぁもちろん、神様を御前にしても、あると思います

そうやって、くどくどと、お話したものです

ここで、祈祷や術を使うのは簡単です

しかし、正の神は知らしめる。 これが原則です

自分が変わりなさいと、嫌ならやめなさい、止めたくなければ耐えなさい

神様の良いか悪いかの判断を基本にしています

まぁ後は考え方のアドバイスですね

よく言う神霊カウンセリングですね

神様が悩める方を連れてきます(呼ぶ) これが不思議で、

ですから、宣伝で来られるような不特定多数は来ません

そのような人は考えようという力を忘れていますから

神様は御呼びにはなりません

自分で自身を努力行動する人に紅一点の光が差します

不幸も喜びも、針の穴からなんですね

 

神は縁を大事にされます

縁がある人、値する人しか呼ばないんですね、

これは今でも不思議なんです。 ちょっと厳しいようですが・・・

ですから、それでもって思うのが人情なんでしょうか

ダイレクトに神霊相談じゃなく、何かを介して

促すんであれば神の規律に反しないか何年も考えていました・・・

お守りなどで縁が出来るように門徒を広げるという

グレーゾーンというのでしょうか・・・甘んじています。

しかし、その技も変化が押し寄せています。神のお考えだと。

それだけ今後、社会において修養というキーポイントは

大変、重要な気がします。

相談に来られる方が神に縁あるとは限りません

神との縁については、また別に書きますが

ほとんどの方が先祖に徳があるから、その力で

神は動かれます。しかし先祖は一旦、格が下がります

住む世界の事ですね

または生まれ変わっていたら、現世の他人にマイナスがいきます。

これは、この稼業というのもおかしいですが基本なんですね

さぁあなたの悩みはですね、神や守護霊からのメッセージはですね

簡単に知ろう、助けてもらおうとかの人には

神は見向きもしません。寄るのは魔境です

最初は良いものですね

この社会でも良い事言って、良い人演じて騙すのも常です

この世は現界の世ですから、神は現実重視です

神は至るところで常に観ています

すべての自身を知っています

人間の世にも法律があるように神の世界にも規律があります

その判断は「良いか悪いか」基準は

十戒、または十善戒で学習しましょう

その中にも「精神修養」がなされてなければ

戒律を守護する事は無理というものです

ですから、お守りの中に自霊浄化祖霊を大事にしています

これを作る時が一番、楽しいです

私の使命は神代文字そのもの教える事でなく、その中身

今は地中に封印された、正神の教えを伝える事ですから

全般、お守りを作る時が楽しいです

神の教えと私の中のすべての記録が神代文字になって入ってますから・・・

神代文字の使い方です。思いが1つ1つの字に入っています

運が良くなるとか、宇宙一体になろうとか、そういう次元ではないですね

また神様も私が楽しくないものは持ってこられません

喜びの中に神、神は喜びそのものですから

そこに背中合わせで苦が隠れています

ですから人生、生きていれば誰でも楽もあれば苦もある訳なんですね

何かお守りの話になってしまいましたが、社会に影響されないよう

精神の強さを磨く時代です

歴史が変わる度に社会も人も変わるのですから

植物も土壌に合わないと枯れます

文明は進んでも精神が追い付かない

今は「陽の中の陰」、時間で言うならば丑三つ時でしょうか・・・

それでも人は、ここ2年の社会を学習しています

本能的に感じてる人が多いのです

ですから、表の世界の魔境が善に化けた負を煽るのですね

前回、記事に書いたように、ただの心の時代ではありません

修養が重要です
徒党を組んでも大きな波に飲まれて変わりません
歴史が証明しています

個人が奮い立ち、宣伝しなくても跡から自然とそれについてくる

自然とついてきた人たちには分裂はありません、争いもありません

野菜にたくさんの実がなるのと一緒です

土壌がしっかりしていれば根は強くなり枝葉に影響します。同じですね

それが神の動きというものだと理解しています

よくよく社会や人を観察すると善を語った、心を語る偽者がいたり

そういった風潮に惑わされず、自分の殻を壊されまいとして

または生きるのが精いっぱいで毎日の繰り返し

何が幸せなのか、楽しいのか

そういった事を考えさせる、思い起こさせる

社会そのものが悪なのでしょうかねー

縄文の遺跡を発掘してると、安心とマイペース的な

何とも言えない、のどかさを感じます。

 

人は神経衰弱になると「不眠」という症状がでてきますね

特に今年は壬ですから外国から大きく影響を受けます

政府も大変だと思います

でも、日本は間接的ですからあまり心配はいりませんが

今日から夏至で時間(寅)が動きますので影響を受けた人は

良い人は良い事が、そうじゃない人はそれなりに

何らかの形になっていきますから、不眠に有効な効果方法を伝授します

私自身も時々、悩むんですよ・・・ホントは

これは人間と言う種族のクセかもしれません

前にも書きましたが、枕元に玉ねぎを刻んで皿に盛るか

袋を作りぶら下げるか。

他の方法では

・私がお贈りする「どくだみ茶」かハブ茶を飲用する
(飲み過ぎてはいけません。何事も中間です)

・小葱を使う料理

・しばらく毎日、朝夕に、小さじ一杯の蜂蜜を200cc冷水に入れ
かき混ぜて飲む

どれも鎮静作用があり、不眠はもちろん片頭痛や疲れを取る
ドクダミ風呂は一気に、その毒(気)をあぶりだします

・風呂で言うと、これからの季節は、イチジクの葉を乾燥させたもの
結構、たくさん入れると、ドクダミに引けをとらない。

人間は自然で治るものです。

身近なもので、薬やサプリに頼らず、有効な手段でもありますね

一番は我が道、我がままでいいじゃないかです

それと他人や他事に影響されない

まぁ博多弁で言うと

「だけんなん?」を冷ややかな目で強く

この言葉、一発で相手は黙ります

私はあまり使いませんが、福岡の他の人もそうだと思いますが・・・

遊びで使ったりします

「だけんなんよー」とか言って、じゃれ合う時とか。

まぁ人間関係が一番、睡眠を妨げますね

人は人

考えも千差万別

自分の考えが正しいとは限らない

強制しない

理解に努めるように、ある程度、慈悲を持つ

あっこの人、無理と思ったら

つき合わない。時間の無駄

これは神様もそっぽを向くという特徴を見習っています

そういう人は神様におまかせして

頭の中の隅にでも置いてあげてください

これも慈悲です

基本、我が身にある事は我が身に原因があるものです

そこに感情もってくるから、紐は余計に絡んでしまう

まぁ身近なもので癒しを体験されてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。