空間の気と時間の気(これを万物)といいます

これを万物と言うのですが
違う言い方で八百万の神でもあります。

ちょっと久しぶりに算相学(算命学)のお話

いまいち、干支というのが分からない方に・・・

空間とは干支の干を意味します。そしてこれを天と言います

大きくとらえますから縮小して
大企業の1階~何階かでとらえてみますね

1階はロビー・受付、広くて明るくてキレイな受付嬢
2階は営業
3階は経理
4階は業務、その他課
5階は会議室、各取締役室
6階は社長室

それぞれの階に遊びに行ってみましょう・・・

雰囲気違いますよね
2階は電話がジャンジャン鳴り、みんな忙しく動き回っています
3階は静かにPCに向かって事務処理しています
4階は色んな課の集まりでザワついています
5階は何か静か・・・
6階は、え~緊張するぅーって感じです

特有の個性がある雰囲気ということです

これが干支の干(空間)です

これらの空間が毎年、毎月廻ってきます

例えば、今年は営業から何でか3回の静かな経理に配属されました

これを十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)で言うと来年廻ってきます

静~かな世界、雨みたいな雫、まるで止まってるかのようです・・・

そういう空間に天の巡りで私達は自動的に強制的に入らされます

しかし、その中にも個人という年回りの空間を誰でも持っています

丙(太陽)という空間(干)の持ち主

静かな空間に1人だけ明るい、乙の人もいます、誰にでも和合協調します
コミニ抜群です

次は時間です

時間は1階~6階まで平等に同じです

でも、ここにも個人の時間があります

卯年の人が・・・何やら元気活発に動き回っています
その人にとっては、忙しいので、あら、もうお昼なのね、ランチに行かなくちゃ

時間の感覚が短い

これが時間の気

丑年生まれだと、遅い・・・時間通りです。

ですから、空間の気と時間の気(干支)とはこんな感じです

もちろん、ここにそれぞれの特性はあります

これが運勢と宿命というものです

分かりやすように書いたつもりですが分かったかな・・・

たくさん、人間がいると気が合わない、対立する、疲れる・・・ありますね

しょーがないんですね

でも、合う人もいれば、どうもない人もいます

これを相生・相克・比和の関係というものです

人だけでなく物事が動く関係も同じです

開運や金運が希望であれば、この五行通りに進む事で万物が守護します。

例えば、絶体絶命の夫婦喧嘩

火の主人が別れてやる! 金の奥様が、なによ、こっちこそだわ!

そこへ、土の人が間に入ると話は、まぁまぁと和解がうまくいくのです

翌日の朝、あなたぁ~、あなたが好きな卵焼つくったから、いっぱい食べてね

やっぱり、君が作った卵焼きは最高だよと・・・

昨晩の嵐はどこに行ったやらです・・・。

みんな、それぞれ

木・火・土・金・水の性質を持っています(これを五行図)といいます
一番、日々に影響するのが日干です

しかし、心持って対処していくと

その心は天に通じます(これを立体五行)と言います。

 

 
すると、宇宙は静かに生き方を導いてくれます

ここに足りない要素、または強化したい要素を神代文字で

書き出して部屋に貼って置くと、潜在意識に取り込まれ
良い事象に恵まれていきます

神代文字本来の使い方の1つです

単に運気が上がりますように、開運しますようにではなく
まぁこれも良いのですが

どうやったら、良くなっていくかと足りないのは何か

強化すれば良いものは何かと模索するのが重要です

思い通りにならないのが人生でもありますから
自身の特性をまず、分析して身構えます

孫氏の法でも

計画立てて、準備して、好機を選んで、相手が弱い時(運勢が低い時)を
選んで戦争に行けという兵法があります

これは戦争は今では仕事と置き換えたらいいと思います。

私ね今日から発掘の仕事だったけどサボった

昨日の夜から、何か明日は行きたくないかも・・・
朝になって、やっぱり今日は休んでしまえ

何気に今日の日干支みたら今日の支と対中(時間が対立)してました
陽の気があらわれる頃、時間の気でやる気が起こらなかったと判明しました^^

若い頃は干支の動きなんか、分かってはいるけど無視してました

年、取ったらねー・・・・

YouTubeの動画、神代文字と陰陽五行の合わせです本質をついています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。