わたしが書いた霊符が外で散歩します

いつも和紙を買いにいく秋月和紙処

手漉き和紙体験がご縁で自分の作品も広がったところです
或る意味、福の神かもしれません^^

福岡の秋月といえば朝倉市の小京都である秋月城下町

黒田藩の三男か忘れたけどお殿様で黒田如水ゆかり官兵衛ですね
秀吉も恐れたと云われる参謀

春にはお雛様に桜、秋には紅葉
おしゃれなお店や昔ながらのお店で賑わいます

そんな城下町を入った所で江戸時代から続く「秋月和紙処」

私もでしたが実際に触る前は正直、和紙ねぇでしたけど
触ったら優しい

このほんわりした優しい感覚は何だ?

自然の原料で清らかな水で作られています
和紙体験は感動そのものです

和紙を使った色んな作家さんの作品が置かれてあります

 

11月今月20日から秋月イベント(お城表門辺り)があって

そこに秋月限定の「幸せ霊符」五種類を置かせていただく事になりました

良縁・健康・魔除・金運・開運の五種類です。

あと、数品の和紙作品を搬入予定です

11月20日からイベントは2週間営業されます
他にも色んなハンドメイド作家さんも出店されます

昔ながらの大きな古民家でされます
わたしは去年も遊びに出向きました

11月21日(日)だけは朝倉市の三連水車(物産館)にイベントにも
出店されるそうです

両日とも出かけようと思います
もし、お会いできましたら遠慮なくお声をおかけ下さいませ

神様談議しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です