水の種類

水には種類があります

特に最近は霊符などを書いてますので
昔ながらの古法の教えに沿っています

紙は日本紙(手漉き和紙)墨、筆などは霊符用で
他には使用してはいけません

霊符によっては紙の寸法が定められてるのもあり
紙色や筆色もあります。

今回、書いたのは自宅用

鎮宅七十二霊符と言ってすべての符を一つにまとめたものです


(この霊符は貼って10年で家は栄え大富貴となり20年立てば天子様が家にくると確か聞いた事があります)

書く上で大事な事があって書いたから
もう貼っていいはなく

めんどうな古法があるんですね・・・
でも割と好きです

あとで作ったど~という何か達成感があります^^

さて水の種類ですが

元水・天水・龍水・川水・井戸水・供水とあります。

霊符の種類によって使い分けしないといけません。

 

元水:ヘチマの茎から出てくる水分。最高級の水です

天水:雨水の事です

龍水:湧き水(我が家では天水か龍水を使ってます)

川水:流れている水

井戸水:くみ上げた時の水

供え水:神棚や供えた水の事です

あと硯水もあります。これは硯に貯めた水

また、東西南北の悪鬼を祓い家内安全の霊符でもあります。

これも作ってみました
昔はよく書いてたもので今は非売品です

使い方は今はもう冬なので

この和紙カードをぬるま湯を軽くあててください
(墨字がにじみますので、そのまま痛い所、不調な患部に・・・)

体患部に当てたらキッチンペーパーで押さえて、そのまま服を着る

湿布みたいに貼ります。乾いたら破棄してください
普通に捨ててかまいません。

これも、あら不思議

一回ポッキリの使用です
たくさんの人にあげたいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です