天照大御神の導き

皆様。これまで「神様からの贈り物」をお求めいただき

真にありがとうございました。

じつは1年前程から、決まっておりまして

それは、いつなんだろうとお示しが来るのを待っていました

忘れた頃、大御神より「もうよかろう・・・」と。

理由は完全に男も女も分かれた

これは己の我を優先し神の御心を忘れた者と捉えています

神よ、神よと言いながら、神の言葉に従わずです。それでも神よ、と

人の口や文字、環境などからも神の意を素直に受入れず、神よ・・・なのです

人間の常識や個人の状況、つまり人智は神にとっては関係ありません

いくら、お参りに行ってるから、信奉してるから、感謝してるから

神は関係なく、心の奥を観ます

かけまくも かしこき

(畏れ多き、お言葉賜り真に受け止め従います)と畏れかしこむ

これしか神への思いは繫がりません。40年の私でも今さらですが腹を据えました

私の環境、邪心、プライド、他邪魔なものは捨てました

「すべては神が整える、必要なものは用意する、かしこんでおれば良い」

人は二足のわらじを履きたがるものです

私も、若い頃言われた言葉を思いだして

神様からの贈り物を閉じる最終判断となったのですね

天地に在りては神となり 万物においては霊と成す

この言葉には「人」の事は書いてない、別の文で書いてあります(神書二)

人も万物であり動植物と同じという事です。

しかし、人には智慧を持つ能力がある。それが神の御教なんですね

1つの例ですが、草花が言います・・・

しばらく雨をいただいてないから枯れそうです・・・助けてください

神は知らないふり

やがて、周りまでも枯れ始め、雑種地が広い土地に変わり始めました

土地の地主は不動産屋さんに売却し、やがて住宅が建ちました

そこには仲の良い夫婦と子供達が引越し、してきました

自然を好み、大事に思う家族の場となったのです

神の采配です

草花が枯れ始めた時から、ここまで時間がかかりました。

時間も神なんです。季節も人の心も共に移り変わります

ですから時間は形なく、過去も未来もないのです

あるのは、いつも「今」という存在だけです。ここが神

しかし、万物も神を忘れると留まりません

上の画像はそれを人の言葉に変換したもの

自然そのもが自然を忘れる状態に人が壁を作れば、当然、自然はなくなります

人の心に「素直さ」聞いてみよう、試してみよう、行動してみようと

なければ、神も時間ですから、一緒について来ません。離れます。

心は我なんですね。良いも悪いも受ける場所

それなら善をできるだけ考えなさいと

釈迦は心というものを教えたのです

そして魂とは? ここは肝心です

「心の拠り所」

心が病むと魂まで影響を受けます

しかし、心は弱い者・・・

容量を強くしないと、または「へこたれない」強い思い

これが大事で魂も養われ強くなります

お互いが拠り所になる訳ですね

心に神が鎮まると魂も心の活力も平安となり安定します

動植物はその本能で生きてますから、条件がそろえば復活できます

または自然は人智が考える以上に強いのです。我がありませんから

古代人はこれをうまく、バランスとって生活していました。

長々と書きましたが、生きる道を真に改めた時、自然と

かけまくも かしこき に成りました。

なったら速いもので、これを速日(はやひ)と言います

大御神の令を受けました

福が益々来る(彦と巫女)のお話

2022年7月13日

これは、あと気づいたのですが

先日、蚤の市での事です・・・

あまり参道を歩かないのですが端っこまで見てみようと

思い、歩き始めると、体が軽い

雲の上を歩いてるようなという表現は分からないと思いますが

遺跡発掘で足腰鍛えられているから体力ついてるんかなと

でも、宙を浮いてる感じでした

最後の方まで来た時、「ここまでで良い」という感覚が起き

反対側のお店を見た時

あそこに、あるのは・・・ん?

そこから物語の始まりです

不思議な事が起きます

それは、参道を歩いてる時の事から始まります

突然・・・

 

神伝の綴り・・今日の続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。