大まかな、行く年来る年の分かれ目

だいぶ朝晩は涼しくなってきました
朝は、ちょっと早起きして山にワンコ連れて散歩に出かけます

帰ってきたら、神様へお神酒を用意します
一升瓶が10日で、なくなりまして
神業などや事が重なると別に1本使いますね

月に一度の不燃物
いつも、心の中で、いやいや、飲んでるの俺じゃない!と・・・

でも、早いですねー
世の中が変わり始めて、もう丸2年、今年もあと数か月

今年は日本である事は外国で大きくある
そして、その影響を受ける
シーソーゲームですね

寅の動きが形として現れる、これが今年の後半です

壬寅の年、大きく揺れる、揺れるは外国、日本はその影響

来年はどうなる事やら・・・
移り行くままに、神のまにまに、ですね。

時代は、およそこの様な流れで時間が進んでいます

でも、また、その時間は戻ってくるんですね・・・
今というものしかないという事にも繋がりますね

さぁ今年は壬という空間の気が時間という気のバランスが整うのが
良いも悪いも、今頃でしょうか・・・

壬は自由の象徴みたいなもので、その中で代表的な「習得・智慧・チャレンジ」
そして、水物であります「流す、流される」

それに形に寅という勢いありますから
水仕事は段々と良くなっていくのではないかなと思います
また、近年ではメダカの流行です

人はゆったりと、ゆっくりという形を求めてるのでしょう
そうですよね、ここ数年は、慌ただしかったですね

来年は、細かい事はまた年末~年始にかけてかきますけど

癸のお部屋に私達は強制移住させられます
なんか、ちょっと陰気なイメージというか社会は止まってるというか
だから「止まる=注意」という事象もあるかもしれません
理性的で智慧の習得、「陰」ですから静かに学ぶ、古典的、伝統などが
人々には興味がいくんじゃないかなと思います

時間はというと、「卯」ですから内面柔らかい和の外面は剛
何か動乱期に出てくるウルトラマンみたいな、ヒーローですね
どの世界か分かりませんが、そういう人が光一点であらわれるかも。

人々は平和というものを個人や家庭においても職場でも社会でも
そう望みたくなる雰囲気ですかねー・・・

けど、そういうのを、ひしひしとあらわになってくるのは
毎年の事、お盆以降です

前半は雰囲気、後半は形

さて、その翌年の2024年

ガラリと大きく変化します

十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)がひと回りし「甲」で
社会は始まります

甲は真っ直ぐ・頑固・自立心・自我・信念
壬もしくは癸で学習した事が表に出てきます。「陽の気」ですから。
存在感が増すということです

ですから、「今」種を蒔いておく、まだ間に合います。
19年、20年に、遅くても21年に種を蒔かなかった人は
「今」落ち着かないと思います。

あと問題は・・・時間が「辰」時代を作り出す者が社会に生まれる

そして、内面というか心をうまく出せず葛藤が起こる
そして分割という暗示もあり、貧富の差なんでしょうか・・・
さらに辰年は注意

隣に「戊」の十干がついてます。山を表し、土です。だから注意

次に2025年「乙」です

何となく穏やかな社会を思わせます。社会が協調和合
前年で苦労したからでしょうか・・・

そして時間は「巳」ですから精神性がピックアップします
子供か大人かという事なのかなと思います
精神性が表に出ますから、周りはついていけず孤独感

でも、存在する部屋は和合協調ですから
ロウソクみたいな狭い範囲から
社会は明るくなっていくんじゃないかと思います

そして、待ってました
また、新しい時代、明るい時代に向かってシフトが始まります

空間移住は「丙=太陽」陽の気です

みんな、よく我慢してきましたね・・・日の目を見ます。

晴れたゾ、富士の日本晴れを見てくだされよ。かなと思います

上の画像をもう1度、観てください
6年前の「子」の年である2020年

社会に大きな変化が始まりました

丙と対立(対中)しています
対中は破壊、分裂を意味します

色々と新しく平等に過去は完全に破壊される
ウイルス問題も、一旦、皿に戻せになると見ています

富豪は「今」、次のミッションを丙を狙って計画立てています
まんまとエサになる庶民の私達は2029年位かまだ早いかですね

29年以降は庶民は有頂天に上がります
過去に色んな流行も左上がりの時です

そして「午」です。元気です

まして丙の午と聞けば鬼も去ります。それだけパワーがあります。

良くなったとすれば

飲食はもちろん、旅行、芸能、スポーツなど盛んかもしれませんね
芸能人ももう少しの辛抱です

陰であるネットで生き延びましょう

今、勉強してる人は、もう先生です
庶民が有頂天で先を見ない年があと1,2年立てば来ますから
稼ぎましょう(笑)

そして「子」の年でフォローに回る手法に切り替えます
また、教え子が増え、組織的になります

これは、どんな商売でもそのシステムなのです

博打でも胴元が一番儲かるのですねー

図でも分かるように、過去はもう終わっています

今から次の未来を考えるのが重要です

日本もアフリカに投資しました。先を見てるのです
国内に仕えという声ありますが

何百兆というお金がありますが外資なので国内には
使えません。

お金だから使えるのですが、為替のリスクがあり世界に混乱に
招く恐れがあるから、外国にしか使えないんですね

日本はそういう事を世界にしています
ですから、何かで日本が境地に入った時

世界は日本を助けてくれます

神国ですから。

神を思い民は動く、神も同じ
古代も今も変わりません。

まぁ大雑把に書きましたが
多分、こんな流れなんじゃないかなと思います

時間が進むと、またお示しが濃くなってきますので

その時は、メンバーに書きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。